Windows10で顔認証

Windows10のログイン画面にアバターみたいな表示があるのですが、これが顔認証の画面だったとは。。。

広告

Windows10からは生体認証システム「Windows Hello」が搭載され、FIDO(Fast IDentity Online)の仕様に準拠した3Dカメラにより顔認証ができるようになったそうです。

認識率が100パーセントなら、もうこれでIDパスワードとはさようならとなってしまうのでしょう。まだこれが使えるパソコンは少ないのですが、いずれじわじわと普及するのでしょうね。

ただ問題は髪の毛を切ったり、髪型を変えたり、服を変えたり、化粧したり、変装したり双子だったり、日焼けしたり、ダイエットしたり、リバウンドしたりしたとき正確に認識してくれるのかどうか、そこら辺が今後検証・改善されていくのでしょう。

あと本人が正しく認識されなかったときの逃げ道をどう確保するかも気になります。

ただクラウドサービスとなることが予想されるので、いいものなのか悪い物なのかちょっと悩んでしまいますね。

時代よ止まってくれと、私年寄りには思ってしまいます。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ