Windows10とレノボ

Windows10をレノボ機で動かす。

広告

無償アップグレードでWindows10を動かすときは、レノボに限らずメーカーの対応情報を見て対応しているとわかってからアップグレードをかけましょう。

どうしてもすぐにアップグレードしたい人は、データバックアップとハードディスクのイメージコピーを取って、ぬかりなく行うようにしましょう。リカバリDVDの準備もした方がいいでしょうね。

あと忘れてはならないのがデバイスドライバの準備、周辺機器を動かすためにはWindows10にはWindows10用デバイスドライバをインストールする必要があります。これが間違っていると思わぬトラブルが発生します。

準備ができたらインストール、ただ対応していてもユーザーの自己責任を取らされる場面は出てくるでしょうね。不具合が発生したときは、クリーンインストールしなければなりません。最終的には誰もがクリーンインストールするのではないでしょうかね。長く使う環境なので潜在的なトラブル要因を少しでも減らした方が後々楽ですからね。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ