Windows10と筆ぐるめ19

筆ぐるめはバージョン20からWindows10に対応しています。

広告

Windows7やWindows8.1からWindows10に無償アップグレードをする人は住所録のバックアップをお忘れなく。Version19を始め古いバージョンをOSアップグレードすると住所録や起動アイコンが見つからなくなったり、正常動作をしなくなる可能性があります。

毎年使う人は新しい版を買って住所録をインポートするのが良いでしょうね。

はがき・年賀状印刷ソフトはいろいろありますが、その人が慣れた物を使い続ける方が良いでしょうね。どれを選んでも大差なさそうな気もしますし。不満が起きてから買い換えでいいと思います。筆ぐるめも定番の一つですからね。

関係ないけど、年賀状印刷で昔プリントゴッコというのがありました。自宅でシルクスクリーン印刷ではがきを印刷できる道具でした。何年か使ったのを思い出しました。

パソコンの印刷っていろいろできていいけど、なんか物足りない。でももうプリントゴッコには戻れません。こんなこと考えているとバブルの頃も思い出しそう。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ