Windows10の0xc00000eエラー

Windows10で0xc00000eブルースクリーンエラーはハードディスクあるいはSSDあるいはメモリなど記憶装置の故障により表示されることが多いようです。

広告

私は見たこと無いのですが。

運が悪いというしかないですね。

新しくデバイスを装着したタイミングなどで発生することが多いので、何かハードウェアを増設・交換する時もバックアップは欠かせません。

普段使う環境もドライブイメージをまるまるコピーできるツールがあると重宝します。フリーウェアでもありますが、できれば市販されているTrue ImageやHD革命等持っていると便利です。

ユーザーデータの救出バックアップが終わったら最終的にはクリーンインストールしてみると認識するかもしれないので、チャレンジしてみましょう。

いうまでも無いのですがこのエラーコードを検索エンジンで検索するといっぱい出てきます。クリーンインストールする前にOSの復旧用オプションで起動までこぎ着けた人のレポートは価値があるので探してみましょう。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ