Windows10クラシックモード

確かWindowsVistaぐらいまでデスクトップテーマでクラシックというのがありました。Windows10でもあったらなとも思うのですが残念ながらなくなってしまったようです。

広告

古いインターフェイスにできるClassicShellというソフトもありますけど、せっかくWindows10を導入したのでしたら、もう時代に流されてしまいましょう。スタートボタンのメニューもまるっきり変わってしまいましたが慣れてしまえば使うことはできるでしょう。

旧環境と同居させるためマルチブートや仮想環境ソフトが昔のPCでは使うことができましたが、マルチブートはもうやらない方がいいです。ディスクの検査が始まると起動プログラムが新しく書き換えられて起動できなくなるOSが出てくるからです。仮想環境としてWindows10ではHyper-Vというソフトが付いてくるのですがVirtualPCほど使いやすい物ではないようです。古いOSを動かしたいときはWindowsXPまたはWindowsVistaあるいはWindows7を用意しVirtualPCをインストールしゲストOSのインストール済みハードディスクイメージをHyper-Vに関連づけると使えそうな気がします。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ