Windows10メモリ圧縮

Windows10にはシステムと圧縮メモリという機能があります。私も意識して使っているわけではないので詳しくはわからないのですが、メモリ不足時に発生するスワップアウトの代わりにメモリの内容を圧縮することで、スワップアウトによる動作速度の低下を抑える技術が搭載されているそうです。

広告

要は何らかの処理で発生したメモリからあふれたプログラムやデータをハードディスクの領域を借りて送る量を減らすと言うことでしょう。

これが発生してWindows10の動作が遅くなって困っている人がいます。

対策としてはメモリを8GB以上に増設、PCの電源を一晩つけっぱなし等すると効果があるそうです。

後者はちょっと違うかもしれませんが。

システムとメモリ圧縮の機能は無効にする方法はないようです。どうしてもいやな人はOSを古い物に戻すくらいしか無いようです。

人によってはデバイスドライバの見直しやHDDの交換でパフォーマンスの改善を図れた方もいますが、これはちょっと違う話でしょうね。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ