Windows10転送ツール

データ移行のためのツールである転送ツールはWindows10にはないそうです。メールやブラウザなど一つ一つソフトのデータの保存場所を調べてバックアップコピーを取ったり、ファイルとしてできあがっていない物については各ソフトのエクスポート機能を使ってバックアップファイル化していきましょう。

広告

各個人で使うソフトを紙にリスト化し、データを取り終わったらチェックをつけていきましょう。全部埋まれば新しい環境でソフトにインポートしたりバックアップファイルをコピー書き込みをして使える環境になると思います。

この機能は基本的に初心者向きなのでこれを使わないことでスキルアップにつながります。このソフトなしで環境移行ができればもう一人前のパソコン使いです。会社でもこの体験がきっと役に立つはずです。

データの保存先はUSBメモリーが手軽で良いでしょう。無くさないよう気をつけなければなりませんが。強者は外付けハードディスクやNAS、ブルーレイやDVD-RやCD-Rなどの光ディスクを使ったりする人もいるでしょうね。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ